人気ブログランキング |
「ミネラルウォーターでミネラルを摂取できる」と思っている人、いませんか?

それは全くの勘違いです。

なぜか?これから説明しましょう。

ご存知のとおり、ミネラルは糖質、脂質、タンパク質、ビタミンと並ぶ五大栄養素の一つで、
ビタミンの吸収には欠かせません。
生きていく上で絶対必要な必須ミネラルもあります。
ただ、私たちの体はミネラルを作ることができないので、
食べ物から摂取しなければなりません。

ひとくちにミネラルと言っても、

①鉱物性ミネラル(無機ミネラル)と②植物性ミネラル(有機ミネラル)の2種類があります。
鉱物性ミネラルは石灰岩や珊瑚礁、土壌、海底に含まれており、粒子が大きいので
体内への吸収率は8~12%と低めな上、加齢とともに吸収率も3~5%に減少します。
また、大量に摂取すると体に溜まって慢性病の原因となります。
溜まる場所が関節なら関節炎に、血管なら動脈硬化に、腎臓なら腎臓結石、
脳なら脳梗塞、という具合です。
硬水の多いヨーロッパで関節炎が多いのもうなずけます。

ここまで読んでもうお分かりでしょう。

ミネラルウォーターに含まれるミネラルは、この「鉱物性ミネラル」なのです。

私たちの体に必要なのは、植物性ミネラルです。

植物が土壌から鉱物性ミネラルを吸収して有機化したミネラル
(マイナスイオンの電荷を与えたもの)は、
粒子が小さく可能吸収率が98%もあります。
水溶性ですので摂りすぎても自動的に対外へ排出されるので、
過剰摂取の害がありません。

ミネラルはミネラルウォーターからではなく

食物から摂るようにしてください。
それもなるべく野菜で摂るようにしてください。
ご存知ですか、小松菜とひじきのカルシウム量。牛乳より多いんです!
○100g当たりのカルシウム量の比較

・牛乳      110mg

・小松菜 生   170mg  ゆで   150mg

・ひじき     1400mg

(文部科学省HP 「食品成分データベース」より)
# by n-shin5452 | 2014-06-16 16:03 | 知って得する水知識
水道水よりも低いミネラルウォーターの安全基準!

原発事故いらい、水道水の放射能汚染に神経をぴりぴりとさせている方もいらっしゃるかと思います。水道水は心配だから、ミネラルウォーターにしようという方も案外多いのではないでしょうか。現に、ミネラルウォーターの売上は伸びているとききます。

でも、これは一般消費者に確かな情報が伝わっていないからです。

ミネラルウォーターを販売するための水質基準は、水道水よりもはるかにあまいことをご存知ですか?
世間一般の考えでは、水道管から無制限に流れてくる水と、きちんとボトル詰めされて販売されているミネラルウォーターを比べたら、後者のほうが基準が厳しいような印象をうけますが・・・。

でも、よく考えれば、ミネラルウォーターのある銘柄に異物が発見されれば、新聞にお詫びの文章をのせ、製品を自主回収すれば、ほぼ問題解決します。

ところが、水道はどうでしょう? 国の責任において全国民に飲ませているわけです。その水に危険があったらとんでもないことです。ライフラインは国家の最重要機能ですから。

◆そもそも、ミネラルウォーターは、食品衛生法で「清涼飲料水」に分類されています。そして、この水質基準がかなり甘いのです。細菌数や有毒のカドミウム、水銀などの含有量は約18項目が定められているだけ。
一方の水道水は51項目の基準があり、水道水の安全性はミネラルウォーターよりはるかに高いといっても過言ではありません。

ミネラルウォーターの水質基準はたったの18項目(食品衛生法による)

水道水で常に問題となるトリハロメンタンにしても、ミネラルウォーターには含まれていないと考えるのは甘いようです。
たとえば1989年に女子栄養大学がミネラルウォーター30銘柄を測定したところ、国産13銘柄、輸入2銘柄からトリハロメタンが検出されたといいます。
基準が甘く、そのうえ水源地の保全さえも定められていないとすれば、ミネラルウォーターが水道水よりも安全だとは、けっして言えないのです。
# by n-shin5452 | 2014-06-16 15:50 | 知って得する水知識